読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローファイ日記

出てくるコード片、ぼくが書いたものは断りがない場合 MIT License としています http://udzura.mit-license.org/

最近の自分が噛んでる本や雑誌

Web開発の基礎徹底攻略 (WEB+DB PRESS plus)

「Web技術まるごと整理」が再録されています。それに伴って少し直しています。

ぼくのはDBの記事だったんですが、一緒にミックさん(神)の解説記事も載っているので「あっ」と言う趣もあります。まあ、ムックとしては内容がまとまっているので新人殿に良いのではないでしょうか。

WEB+DB PRESS Vol.76

いつものやつです。これは今月24日に出ます。今月号は、fluentd(バージョン10系です)+FnordMetricの組み合わせについての記事を書いています。具体的にはLokka(http://lokka.org/)のアクセスを可視化してみよう、的な感じです。

この記事を書こうと思ったきっかけは、とある職場の方がfluentdでめちゃくちゃ苦労されていて、そういえばfluentdのインストールから設定、アプリへ組み込み、何かしらの形で可視化、までを一気通貫で説明しているような記事ってそんなに無いかもなあと思って自分で書いてみました。「写経できること」を意識して書いているので、是非挑戦してみていただければと。

なお、GrowthなんちゃらではなくFnordMetricを使っているのは、正味なところ Ruby 記事だからでございます......まあ、こっちも結構使えることは分かったんで結果オーライ。

査読は id:repeatedly さん(すごいぞ!はてなブログIDコールができる)にお願いし、大変助けていただきました。ありがとうございました!

パーフェクトRuby


と言うことでこちらも出ました。詳細は他の共著者、

の紹介を是非ご覧ください。

ぼくは正直なところ全体の分量としてはごくわずかしか書いていないのですが、ルビ〜サポ〜タ〜ズの末席に並ばせていただきました...。

内容としては、いわゆるスゴイヒトではなくて「現場でがんばっているRubyist」が自ら「現場っぽいRubyの使い方」を伝授しているような本となっている気がします。現場っぽいライブラリ活用、現場っぽいgem、現場っぽいメタプログラミングのコツ、などなど...。

「職場のできるセンパイ」に教えてもらったかのような効果が得られる本になれば幸いです。

***

ということで、今年も技術評論社様に大変お世話になっております...