読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローファイ日記

出てくるコード片、ぼくが書いたものは断りがない場合 MIT License としています http://udzura.mit-license.org/

2015年にリリースしたやつらの紹介

octochan

github.com

curlで叩くとGitHubのIssueにコメントするやつ。Ikachan for GitHub

Sinatraベースで、以下のように config.ru を書くと動く。アクセス制限とかは別のRack Middlewareでやってください。

require 'octochan'

module PB
  class GitHub < Octochan::App
    set :access_token, '......'
  end

  class GHE < Octochan::App
    set :access_token, '.....'
    set :api_root,     'https://your.ghe.local/api/v3'
  end
end

map '/github' do
  run PB::GitHub
end

map '/ghe' do
  run PB::GHE
end

run lambda {|e| [404, {'Content-Type' => 'text/plain'}, ["Please Access /github or /ghe"]] }

populus

github.com

Consulの様々なeventにフックして何かするやつを作るフレームワークのはずだった。

Populus.watch :event, name: "echo" do
  cond {|data| data.any?{|d| d.has_key?('Payload')} }
  runs do |data|
    event = data.find{|d| d.has_key?('Payload')}
    Populus.logger.info Base64.decode64(event['Payload'])
  end
end

全面的に設計を見直したい感があり、いまのところ -type event しかサポートしていない。今年は何かが起こる。

soko

github.com

プラットフォームアグノースティックなサーバメタデータリポジトリみたいなのを1行で操作するやつ。

ConsulのKVSとかAWSのタグとかをストレージに指定できるようにしてある。

$ ./soko put Test Hello
OK
$ ./soko get Test
Hello

結局自分で使っていないという問題があり、仕事で構築しているやつもなんか直接 nova コマンドを叩いているまま。この知見をなんかに生かせるだろうか?

packer-provisioner-serverspec

github.com

Packerで作ったイメージについて、イメージ化の直前にServerspecを走らせ、正しくイメージになってるかどうか検査できるやつ。

いまのところOmnibusでServerspecを入れてExecモード前提で動作する。これ、たとえばSSHに必要な情報ってぶっちゃけPackerが全部持ってるよね(だからなんとかしてSSHモードでも動かせるはずだよね)とか、いろいろオプションを追加する余地がある。誰か頼む、じゃなかった今年は何かする。

{
    "builders" : [
        {
            "type": "amazon-ebs",
            "ssh_username": "centos", // should be sudoable
            "ssh_pty": true, // tty should be available after packer 0.8
            //...
        }
    ],

    "provisioners": [
        {
            "type": "shell",
            "script": "/path/to/your-provisoner.sh"
        },
        {
            "type": "serverspec",
            "source_path": "/path/to/your/serverspec-root"
        }
    ]
}

monkfish

github.com

OpenStack Compute APIから、今のテナントに所属しているサーバ一覧を引っ張って、その情報をもとに /etc/hosts を更新し、内部DNSと替えさせていただきますというやつ。DHCPなどがアレな構成でも安心。

もともとのアイディアはkurodaさんという人のPerlによるスクリプトです。

beforedo

github.com

プロジェクトセットアップのためのツールRailsとかによくある bin/bootstrap.sh みたいな環境構築スクリプトシェルスクリプトなので同じような表現がたくさん出てくるな〜と思ってそんならツールにしようと思って書いたが、使っていないのが問題。。。

以下のような Before.yaml を書いてコマンドを打つと、書いてある通りのいい感じのセットアップをしてくれる。基本的にはべき等。ポート空いてるとか、プロセスがいるとかを見てべき等っぽさを確保してくれる。

- task: mysql.server start
  port: 3306
- task: memcached -p 11211 -m 64m -d
  port: 11211
- task: bundle install --path vendor/bundle
  success: bundle check
- task: cp config/database.yml.sample config/database.yml
  file: config/database.yml
- task: bundle exec rake db:migrate
  always: true
- task: bundle exec rails s
  front: true

fluent-plugin-json_expander

github.com

matsumotolyさん? そんな感じのIDの人のために書いたやつ。タグでexpandするやつはすでにあるが、こっちはデータのボディの属性をもとに別のoutputを展開する。

やや内部実装がハッキーなので、利用する際は修正のプルリクをやっていく気持ちが必要と思う。プルリクお待ちしています。

<match access.summary>
  type json_expander
  subtype growthforecast
  delete_used_key false # or true if you want to delete the key
                        # used in template construction

  <template>
    gfapi_url http://127.0.0.1:5125/api/
    graph_path ${data[mothor_host]}/${data[vhost]}/${key_name}
    name_keys count_2xx,count_3xx,count_4xx,count_5xx
  </template>
</match>

puppet-report_slack2

github.com

Puppet masterのSlackレポーター。すでにあるやつは多分なんかgemの関係で動かなかったので、依存をギリギリまで減らして自作した。今思い出したけど Puppetアドベントカレンダー で紹介し忘れてたじゃん!

なんか海外で地味に使われているのを感じる。英語の問い合わせが僕のメアドに直接来たりした。

様子です

yao

github.com

何度か紹介してるからいいか... Yet Another Openstack client for Ruby

stackspec

github.com

awspecの...アレ。OpenStackのテナントが思った通りに構築できているか、APIを叩いて確認する。yaoのリソースのメソッドを知っていればそのまま使える感じの設計のはずが、まだ Server しか検査できないので頑張ります。。

describe server('stackspec.example.com') do

  its(:name)            { should eq 'stackspec.example.com' }
  its(:key_name)        { should eq 'sample001' }

  its(:security_groups) { should have(4).security_groups }
  it { should have_security_group(name: "https") }

  its('flavor.id')      { should eq '8' }

end
$ rspec spec/tenant_name/servers_spec.rb
OpenStack server "stackspec.example.com"
  should have security group {:name=>"https"}
  name
    should eq "stackspec.example.com"
  key_name
    should eq "sample001"
  security_groups
    should have 4 security_groups
  flavor.id
    should eq "8"

Finished in 2.36 seconds (files took 0.2018 seconds to load)
5 examples, 0 failures

今年はもっとでかいの作りたかった。あと改善するというやつもやりたいところだった。

まあ、いろいろ作ると思います。

あ、スター、プルリク、人柱等お願いします!!1